MENU

熊本ヴォルターズ

KUMAMOTO VOLTERS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > [後半戦に向けて] #15寺下選手、#21西谷選手、#23マーカス選手ショートインタビュー

1/29(水)から始まる後半戦に向けて、各選手にショートインタビューを実施。

『後半戦に向けての意気込み・スローガン』を色紙に記入してもらい、選んだ理由や現在の思いを聞きました!
本記事では、#15寺下選手、#21西谷選手、#23マーカス選手の声をご紹介します。

*本インタビューは1/16,17 広島戦前に実施したものです。

#15 寺下太基選手


Q. 選んだスローガンについて一言お願いします。
ダメな部分を全部変えるのではなくて、自分の良い部分を信じて、間違いのない努力をずっと継続していけば、いつか結果が出ると思っています。何事も『継続』なんじゃないかなと感じています。

Q. 後半戦、まだまだタフな試合が続いていきます。どういう部分に注力していきたいですか?
コート内でもコート外でも、少しでもチームの助けになれるように努力していきたいです。
特にコート内では、チームの流れを変えるプレー、チームに勢いをつけるプレー、チームに火をつけるプレーを意識して取り組んでいきます。

Q.ファンの皆さんへメッセージをお願いします。
残り26試合、1試合1試合に一生懸命取り組んでいきます。後半戦も熱いご声援をよろしくお願いします!

 

#21 西谷亮一選手


Q. このスローガンを後半戦の目標に選んだ理由はなんですか?
−僕たちは、前と上しか見てません。後ろは振り返らず常に進んでいきたいので、前進、ポジティブという意味を持った『進む』を後半戦の目標として選びました。

Q. 前半戦を振り返ってみていかがでしたか?
−去年は去年で、上手くいかなかった時期も多かったと思います。ただこれは、後半戦を迎えるにあたっての糧になるし、そうして(後半戦への糧にして)いきたいと強く思います。

Q. 後半戦、特に意識していきたいことはありますか?
−とにかくポジティブにいきたいですね。
後半戦もきっと色んなことが起こっていくと思います。 その中で常にポジティブな気持ち、姿勢でいられるように努力していきます。 後半戦もご声援よろしくお願いします!

 

#23 マーカス・ブレイクリー選手


Q. このスローガンを選んだ理由はなんですか?
−まず熊本ヴォルターズははタレントが揃っているチームだと思います。
その上で勝つためには、全員で競い合い、切磋琢磨していかなければならないと思ったので、競争する、競い合うという意味の ”compete” を後半戦の目標にします。

Q. 熊本に来て約2週間。熊本での生活はどうですか?
−練習して、ご飯を食べて、寝るだけの生活を送っていますが、ここまでのところは良いですよ。
あ、トク(徳永マネージャー)とは特に仲がいいです(笑)。いつも家まで送迎をしてくれます。ありがとう。

Q.後半戦、チームの中で特に自分が頑張りたいことを教えてください。
−『リーダーシップ』そして『エナジー』です。 コート上でリーダーシップを発揮することによって、チームの調和を保ち、安定的にプレーできると思っています。
特にこの2つを、自分は頑張って行きたいです。


次回の更新は1月27日(月)!#6柿内選手、#11石川選手、#14本村選手のメッセージを掲載予定です。お楽しみに!