MENU

熊本ヴォルターズ

KUMAMOTO VOLTERS

MENU
HOME > 熊本ヴォルターズ 立ち上げの想い
 

熊本ヴォルターズ 立ち上げの想い

ゼロからのスタートでした。
2008年8月。
子どもたちに夢を創りたい。
熊本に感動をお届けしたい。
人と人の繋がりを創りたい。
お金もない。選手もいない。チームもない。人脈もない。
何にもないところから
【熊本ヴォルターズ】は、始まりました。

2012年6月。
N B L参入を認められるまで、約4年間。
絶対無理。
何やってるの。
馬鹿じゃないのか。
の、否定、批判ばかり。
正直、心折れそうにもなりました。
同時に何にもない活動にもかかわらず、応援・支援してくれる方々とも出逢いました。

熊本のバスケットボールの可能性や熊本の可能性を認めていただいた瞬間は今でも忘れません。

1年の準備期間を経て、立ちあがった
【熊本ヴォルターズ】
初年度の2013-14シーズンを迎えます。
意気揚々と参入したものの、6勝48敗と散々な成績。
それは2年目も続きます。
会社の業績も悪く2年間で1億もの赤字を計上。
非常に苦しい時期でした。。。

3年目の2015-16シーズン。
活動が少しずつ認められ、応援・支援者が少しずつ増え始め、
チームも前年を上回る成績を走っている中、
2016年4月の熊本地震。
シーズン途中での中止。
資金繰りが悪化し、支払いが滞りました。
2016年5月2日には存続の危機。との新聞発表。
もうだめか。と思いましたが、
自分たちに与えられた使命をまっとうするために、
困っている方々への支援に奔走しました。
そんな中よせていただける全国からの支援により、
2016年6月3日に翌シーズンも続けられる目処がたったとの発表を行いました。

2016-17シーズンからは、
国内バスケットボールリーグ
『B.LEAGUE』がスタート。
B2リーグに所属しています。

2008年以前。
学校現場で苦しむ子どもたちとの出逢い。
指導の現場でぶち当たった壁。
自分の生きてきた意味・目的を考えた時期。
バスケットボールの本場アメリカでみた環境。
様々な経験を経て、
自分を育てていただいたバスケットボールを通して、
子どもたちに夢を創りたい。
熊本に感動をお届けしたい。
人と人の繋がりを創りたい。
との想いを形にするべく、始まった活動ですが、
10年経った現在も
応援・支援してくださる方々のおかげで前に一歩ずつ進むことができています。

2018年1月
『熊本ヴォルターズは、皆様と共に創りだすエネルギーを波及させ、熊本そして九州全域を元気にします』とのクラブ理念を明確にしました。
熊本ヴォルターズに関わる全ての方々と共に、夢や感動を創りだし、皆様と共に精神的にも経済的にも豊かになっていく。
そんな環境を創っていくために私たちは存在させていただいています。
これからも【熊本ヴォルターズ】を中心として、活動を継続させていただきます。


熊本ヴォルターズ
代表取締役社長
湯之上 聡