MENU

熊本ヴォルターズ

KUMAMOTO VOLTERS

MENU
ROSTER

PARTNER

HOME > チーム情報 > 熊本ヴォルターズ スタッフ募集

熊本ヴォルターズ スタッフ募集!!

recruit_01.jpg

スタッフ募集要項

職種 営業職(パートナー事業部)集客(マーケティング事業部)
業務内容 熊本ヴォルターズはバスケットボールを手段として、地域の活力を養う事業を様々行っています。
主な業務はパートナー様の魅力を地域の方々にお伝えすること、ホームゲーム会場にたくさんの方々にお越しいただきバスケットボールやエンターテイメントの魅力をお伝えすることです。
その為の営業活動、集客活動、ホームゲーム運営業務になります
応募資格

必要条件
●熊本ヴォルターズ立ち上げの想いや理念の考え方に共感して下さる方
●理念実現のために共に成長して下さる方
●パソコン操作には慣れていてほしいです
●年齢・学問は問いません
●スポーツをビジネスとして捉えられる方だと助かります
●要普通自動車免許
※ホームゲーム運営には体力も必要です
募集人員 3名
採用までの流れ

応募にあたって、立ち上げの想いや理念を確認し
1、履歴書と自己紹介
2、なぜ熊本ヴォルターズを選ぶのか?
3、熊本ヴォルターズで実践したいことを含み、想いのたけを文章にして送って下さい。
(送付先) 〒862-0903 熊本市東区若葉1丁目13-5
熊本バスケットボール株式会社 採用担当
湯之上との面談。熊本での面談、上京時(関東周辺)で、直接面談がありがたいですが、Facetimeやスカイプでも大丈夫です。
面談は次のステップに進む方のみにご連絡します。

熊本ヴォルターズが運営するホームゲームに、3日間(設営・運営・撤収)来ていただき、一緒に業務を行っていただきます。
一緒に活動するメンバーとの相性を確認します。(ホームゲームがない時期は)3日間フロント業務を行っていただきます。
大変申し訳ございませんが交通費、宿泊費はご負担下さい。

その後、採用・不採用のご連絡をいたします。

※書式は自由です。
※応募書類は返却いたしません。
※個人情報につきましては、本件のみに使用させていただき、それ以外の目的で使用することはございません。

受付期間 随時
雇用形態 正社員(試用期間3ヶ月)
勤務場所 〒862-0903 熊本市東区若葉1丁目13-5
熊本バスケットボール株式会社
勤務時間 9時~18時(休憩1時間)
休日 年間105日、年次有給休暇、慶弔休暇
ホームゲーム・イベント開催により土日の出勤もあります。
年間の変形労働時間制を採用しています。
給与 月給制(当社規定による)
年齢・能力・経験に応じて応相談
福利厚生:法定福利(健康保険、厚生年金、労働保険等)
就業開始日:原則として採用通知後、2週間以内

recruit_03.jpg

会社概要

社名 熊本バスケットボール株式会社
設立 2012年9月25日
代表者名 湯之上 聡
従業員数 14名(社員・パート含む)
資本金 8,500万円
住所 熊本県熊本市東区若葉1丁目13-5
電話番号 096-284-1555
事業内容 熊本バスケットボール株式会社は、2012年9月に設立したプロバスケットチーム「熊本ヴォルターズ」の運営会社です。
チーム編成や大会運営、チケット・グッズ販売やスポンサー・広告営業を手掛けています。
「熊本ヴォルターズ」は、2013年に開幕したバスケットボール男子国内リーグ「B.LEAGUE」に加入を果たし、熊本県初のプロバスケットボールチームとして地域に密着した活動を続けています。
チーム運営のほか、設立と同時に「トリコロールキャラバン」というプロジェクトをスタートさせ、バスケットボール教室の開催や地域イベントへの参加を行い、地域の方たちとの交流の機会を大切にしています。
 

私たちのビジョンとミッション

●熊本でのスポーツ産業を創っていくことへの挑戦
なんのためにバスケットボールをするのか。
バスケを通じて、心に希望や勇気が湧きあがるような「場」を熊本の方に提供する。
見ている人に感動を届け、そこに経済活動が生まれ、その資金を子どもたちのスポーツ環境を整備したりするような地域へ再投資を行うことで地域ビジネスの価値を創出できる社会的な存在になる。
スポーツにはそういう力があると信じ熱狂の場をつくることをテコに熊本でのプロスポーツ産業化への挑戦を続けています。

●「お客様に感動をお届けする」バスケットボールの追求
熊本バスケットボール会社をハブとして熊本のスポーツ産業を創っていくためのアクション。その最たる切り口が「熊本ヴォルターズ」です。当社が見据えているのは、プロスポーツならではの空間づくり。それを体現することが「熊本ヴォルターズ」が担っている役割です。地元の方が熱狂できて勝っても負けても「興奮したね、楽しかったね」と言ってもらえる。そういう空間を創るため「お客様に感動をお届けする」バスケットボールの追求に挑みます。
 

recruit_03.jpg

recruit_05.jpg